銀行選びは一番重要

住宅を購入するにあたって一番重要なので、住宅ローン銀行の選び方です。住宅ローン銀行の選び方によって、金利も異なり、毎月の返済額も大幅に違ってきます。金利は高ければ高いほど、毎月の返済額は増えていきます。いくら長期で住宅ローンを組んだからと言っても元々の融資額が大きいですので、ちょっとの金利の差がかなり大きく左右されると言えます。例えば金利1%と金利3%では全く違います。

仮に3000万円借り入れした事にしましょう。3000万円を35年払いボーナスなしの支払いで計算しますと、金利1%の場合、年間30万円の利息がつく事になります。金利3%の場合は、年間90万円の金利です。これは、元金が減額していくと金利もその元金にかかっている為、結果的には金利1%でも3%でも返済をしていくにつれ、返済額が変わってきます。また、元利均等返済か、元金均等返済によっても異なります。前述の例は元金均等型になりり、毎月の返済は、元々の元金を返済期間分に割り、その上に、その残りの元金残債にかかる利率を計上しています。

よって、返済開始時は、元金プラス、最初の元金総額の金利となりますので、返済額が高いのです。元利均等返済は、最初からあらかじめ利息を計上し、元金プラス利息を毎月行って額になるように返済していく仕組みです。ローン開始時は元金均等型返済と比べて安い為、最初からリスクを負う事なく常に行って額で返済をする事が出来ます。しかし、最終的には、元金が減れば減るほど、利息も減額されていきますので、元金均等型返済の方が後々の返済額が圧倒的に安くなります。最初リスクを負い、完済に向けて余裕を持てるように計画を建てるか、常に一定額を返済し、最初から完済まで計画的に進めるかは返済をする自身、つまりあなたが検討し決めなければいけないのです。住宅ローン消費税増税後はどうなるのかしりたくありませんか?

例えば、共働きをしていて、定期的に繰り上げ返済が出来るのであれば、元金部分に返済を充てる事が出来ますので、元金均等型返済がお勧めと言えます。しかし、一人の収入で返済していくのであれば、最初のリスクを軽減するためにも元利均等型返済の方がお勧めであると言えます。このため家庭環境や、家族構成によっても返済方法は異なります。その為には、まず、住宅ローン銀行の選び方をよく検討し、良い担当者と出会う事が重要です。あちらも商売ですので、高利であればある程利益が計上されます。ですが返済する身としては少しでも利息が安い方が負担も減らせるわけですから、色々な銀行に足を運び相談することも銀行選びには欠かすことが出来ません。